RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

本当は男のレディー・ガガ 19歳の時にレイプされ、妊娠したと告白

レディー・ガガは、21日に公表された動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」のドキュメンタリー番組で、19歳のときに音楽プロデューサーから何ヶ月にも渡るレイプ被害を受け、妊娠したことを告白しました。

レディー・ガガは、その当時の辛い体験を涙ながらに語ったそうですが、実は彼女は女ではなく、男であることが既に暴かれています。

ネット上では、以下のように男性器と思しきものが付いているレディー・ガガの画像が紹介されています。

○ヶ゙ィッ夫妻の「君の名は。」

彼女の体格はもともと男性的で、過去には男装した姿を公開していますが、その姿もやはり男そのものにしか見えません。

○男版レディー・ガガ、再び登場!?

過去の記事でも述べましたが、イルミナティは悪魔崇拝の教理に則り、本来の性とは逆の性別になりすまして生きなければなりません。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

そのため、ときに庶民から本当の性別がバレてしまうリスクを負っているわけですが、たまにこうしてレイプをされたとか、妊娠したといって、自分に向けられた疑いを払拭しようとするわけです。

ですから、有名人のスキャンダルは、このように本当の性別を隠すために報じられる場合もあるわけです。

しかも、同情を誘うエピソードを話せば、憐れみの情を抱き、勇気を持って告白した彼女を応援したいと思う人も出てくることでしょう。

イルミナティたちはこういった大衆心理を利用して、自分たちの正体がバレないように身を守ってきたわけです。

彼女もれっきとした悪魔崇拝者ですから、このような嘘をつくことなど朝飯前に違いありません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment