RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【池田大作の血筋】金正恩の影武者が、本人のフリをして29日ぶりにメディアの前に登場

北朝鮮の朝鮮中央テレビは5日、4日に開催された党中央委員会政治局会議に「金正恩」総書記が出席したと報じました。

金正恩が公の場に姿を表したのは、29日ぶりとのことですが、ネット上では本物の「金正恩」はもう既に死亡していると噂されており、実際、ここ最近の「金正恩」は以前と見た目が変わっていることから、影武者が登場したのではないかとの憶測が広がっています。

○【比較画像】金正恩の影武者の見分け方!偽物は鼻と耳たぶが違う?

昨年5月には、いつも威厳に満ちた姿を演じている金正恩が、部下に「ぺこっ」と会釈している様子も公開され、さらに死亡説が濃厚となりました。

金正恩の死亡説が広まったのは、昨年4月に米CNNの報道で金正恩「重篤説」が大きく取り上げられたことがきっかけです。

金正恩は年々、異常なほど太り、顔もパンパンに腫れて、誰が見ても不健康としか思えない様相をしていましたので、既に病死していたとしても何ら不思議ではありません。

また、金正恩は池田大作の隠し子であり、出雲族にとっての“権力”の象徴であると過去の記事で述べましたが、彼の死亡説が広まったのと同じ年に、同族の安倍晋三が失脚し、かつ死亡したと言われています。

米政府が日本渡航中止勧告 ロスチャイルド本家(秦氏)が東京五輪中止を目論む

山本太郎の正体は金日成の血筋 JAL123便を墜落させた群馬人脈・池田大作とも血縁

昨年あたりから、じわじわと秦氏・ロスチャイルド本家の勢力が盛り返してきていることから、出雲族とのパワーバランスに何か大きな変化があったことは確かでしょう。

【またも秦氏と出雲の争い】創価企業GAFAを対象にした「デジタル課税」導入をG7が決定

米政府が日本渡航中止勧告 ロスチャイルド本家(秦氏)が東京五輪中止を目論む

【中国共産党スパイのリストがリークされる】やはりコロナ茶番は創価と中共によって起こされていた

金正恩がこうしてたまにしかメディアに登場しなくなったのも、頻繁にメディアに顔を出すと、すぐに影武者だとバレてしまうからに違いありません。

それでも北朝鮮側は、何とか影武者を使って取り繕っていますが、このまま「金正恩」がいつまでも権力を維持することは難しいと思われます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment