【三浦瑠麗、堀江貴文、東浩紀、東国原英夫、落合陽一‥etc】中共のスパイたちが安倍晋三と統一教会の関係を一斉に否定   統一教会が中国共産党の隠れ蓑(工作機関)となっている実態

【三浦瑠麗、堀江貴文、東浩紀、東国原英夫、落合陽一‥etc】中共のスパイたちが安倍晋三と統一教会の関係を一斉に否定   統一教会が中国共産党の隠れ蓑(工作機関)となっている実態

安倍晋三の銃撃事件が起きて以降、銃撃した犯人も安倍晋三も韓国のカルト団体「統一教会(統一協会)」と密接な関係にあったことをマスコミが連日大きく取り上げています。

安倍晋三が、祖父の岸信介の代から統一教会と蜜月関係にあることは、昔から広く知られてきた事実であり、これまで幾度もネット上では批判されてきました。

○安倍首相と山口組と統一教会と北朝鮮。全ては裏で一つにつながっている。

○「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

○安倍首相と統一教会のつながりを証明する動画。

過去の記事や対談でも述べましたが、統一教会は「反共産主義」を掲げる一方、同時に中国共産党の別働部隊としても活動していることが分かっています。

○【“参政党”は詐欺師の集団】コロナワクチンの危険性を訴える一方、幹部の「野中しんすけ」が看護師としてワクチン接種を実施 「吉野敏明」はコロナウイルスを無毒化するインチキ商品を“統一教系メディア”で宣伝

にもかかわらず、ワイドショーや情報番組に出演する著名人らが、必死で安倍晋三と統一教会の関係を否定するような発言をしています。

特に、以下のツイートに挙げられている人物たちが、安倍晋三と統一教会の関係を必死で否定しようとしているようですが、彼らはいずれも統一教や中国共産党と深い繋がりのある人物ばかりです。

以下の動画では、福島みずほが自民党と統一教会の関係について言及していますが、その発言に対し、三浦瑠麗や東浩紀などが必死で否定しています。

三浦瑠麗は、中国共産党のスパイであることが分かっていますが、彼女は統一教会の元代理人弁護士で、自民党副総裁だった高村正彦と共に書籍を出版しています。

○「日本赤軍」の元最高幹部「重信房子」が刑期満了で出所  中国共産党の工作員としてテロを起こした可能性大

また、堀江貴文は、安倍晋三の死について「反省すべきはネット上に無数にいたアベカー達だよな。そいつらに犯人は洗脳されてたようなもんだ」などと述べています。

堀江貴文は、統一教会の教祖・文鮮明の妻「韓鶴子」とそっくりで、血縁関係にある可能性が高いことが分かっています。

○【竹中平蔵の血縁かつ李家】堀江貴文が「コロナワクチンを拒否する者に社会的な制限を課すのは当たり前」と発言し、批判殺到

さらに、落合陽一は、文鮮明の七男「文亨進」にそっくりで、中国共産党のプロパガンダを報じるNewsPicksのレギュラーメンバーとなっています。

○落合陽一は創価信者で、統一教会とも密接につながっている

また、東国原英夫のブレーンは、統一教会の幹部であり、かつ参政党のメンバー「渡瀬裕哉」であることが分かっています。

○【悲報】統一教会を擁護した東国原さん、政策ブレーンの渡瀬裕哉が統一教会の新聞のディレクターだった…

このように、統一教会の実態が知れ渡らないよう、必死で火消ししようとしている著名人たちも、統一教会や中国共産党と密接に関係しているわけです。

統一教会は、創価学会と同じく、中国共産党の隠れ蓑として利用されているため、その実態が暴かれてしまうと、中国の対日工作に支障が出てしまう可能性があります。

そのため、こうして中国共産党のスパイと思しき人物たちが、必死で火消ししようと奔走しているわけでしょう。

これを機に、統一教会も創価学会も中国共産党の隠れ蓑(工作機関)となっているという実態がさらに広く世間に知れ渡り、彼らの悪事が全て白日の元に晒され、厳正に裁かれますことを心から祈ります。

○安倍晋三銃撃は完全なる“茶番” 中国共産党のスパイ楽天・三木谷会長によるハニートラップ工作の実態から国民の目を逸らすためのスピンである可能性大

○参政党の「神谷宗幣」は、“森友学園事件”に核心的に関与していたことが発覚

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment