【中共の生誕地・早稲田大学】アメリカで「知的財産を盗み、工作活動を行うスパイ」として留学不可となった中国人を「早稲田大学」が受け入れ表明

早稲田大学が、香港メディア「亜洲週刊」のインタビューに応じ、アメリカでビザを取得できなかった中国人留学生たちを積極的に受け入れる方針を明らかにしました。 米国留学が困難になった中国人学生は日本を目指す、早稲田大学が積極受け入れ姿勢。 早稲田大学は中国共産党の生誕地。https://t.co/flOCVFYPOi中国人留学生はスパイ活動が目的。 既に逮捕者が続出。https://t.co/PVe4WkvQFR各国がスパイ防止法を取り入れる中で、日本はスパイの受け入れを強化。 https://t.co/OVA3sC2y4q pic.twitter.com/b8KOMW8SCO — god_bless_you_ (@god_bless_y…