RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ茶番】風邪をひいた人を手当たり次第“コロナ陽性”と見なして隔離生活を命じ、感染拡大を演出していたことが発覚

, …

ここ最近、世界中でコロナ感染が深刻化していると報道されていますが、ある男性の告発により“ただの風邪を引いた人”まで新型コロナに感染したと判定し、感染者数を水増ししていることが明らかになりました。

以下の動画によると、男性の弟が会社で体調を崩したため、検査を受けてみたところ、「コロナ陽性」と判定され、自宅で隔離生活をするよう指示されたそうです。

しかし、検査結果に不信感を抱いた男性は、弟に検査結果を送ってもらい、確認してみると「コロナウイルス229Eが唯一検出された」と書かれていたそうです。

そして、「コロナウイルス229E」とは何なのかと思って調べてみると、鼻風邪の原因となるウイルスであることを突き止めたそうです。

○2. コロナウイルス感染の基礎と SARS-CoV-2

ヒトに感染するコロナウイルスはこれまでに 6 種類が知 られていた.

SARS-CoV-2 の発生で 7 種類となった.

ヒト が宿主のヒトコロナウイルス (HCoV) はこれまでに 229E, OC43,NL63,HKU1 の 4 種が知られている.

229E と NL63 はαコロナウイルス,OC43 と HKU1 はβコロナウイルスに 属している.

これらは鼻風邪の原因と言われ,風邪の 10 ~ 12%の原因と言われる

.多くは軽症だが小児において は高熱を引き起こすこともある 18).

229E,OC43 が最初に 分離されたのは 1960 年代であり,NL63 と HKU1 は 2000 年代に入り,SARS-CoV の流行中に発見された.

ヒトコ ロナウイルスの疫学はよく知られていないが,70%前後の 子供は 3 歳前後までに 229E または NL63 に対して抗体陽 性となり,ほとんどの子供は 6 歳までに感染を経験すると 報告されている 19).

こうしてコロナ検査を受けた多くの人たちが、ただ風邪を引いただけにもかかわらず、コロナ感染者と見なされて、無意味な隔離生活を強いられているということです。

そもそも、コロナウイルスなど存在しないことが分かっていますので、検査結果そのものが単なるデタラメに過ぎません。

このようにコロナ検査は、存在しないコロナウイルスを存在しているかのように見せかけ、茶番を演出する手段に他なりませんので、どんなに体調を崩して不安になったとしても、安易に検査を受けるようなことがあってはいけません。

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○世界中の国々がコロナウイルスの存在を証明できないと認める

○イタリア人医師「コロナ感染が広まった理由は、PCR検査を一斉に行ったから」と暴露 無料のPCR検査は陽性者を量産し、コロナ茶番を演出するための手段

○【厚労省職員の内部告発】PCR検査の「陽性」を巡り、感染していると見なす発表や報道を“詐欺”だと認める

○【コロナは茶番】「コロナビールを検査すると“コロナ陽性”になる」と海外の女性による実験で証明される

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment