RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【口封じか?】厚労省職員の女性が電車にはねられて死亡 コロナワクチンに関する内部告発との関連性が疑われる

, …

28日午前8時40分ごろ、横浜市神奈川区の京急線京急新子安駅で、同市に住む厚生労働省職員の女性(42)が青砥発三崎口行き下り特急電車にはねられて死亡したことが明らかになりました。

この報道を受けて、死亡した女性が政府の方針に反抗し、コロナワクチンによる死者の実態を報告書に明記したために殺されたのではないかとの憶測を呼んでいます。

過去の記事でも述べましたが、厚労省は10代の子どもたちに積極的にワクチンを打たせるため、今年9月に副反応で死亡した小学6年生の女子児童の死を隠蔽したことが判明しています。

○コロナワクチン接種の副反応で小学6年生の女児が死亡 学校側は「不慮の事故」として真実を隠蔽

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

しかしその一方で、厚労省のワクチン被害をまとめたリストに、この女子児童とみられる死亡例が記載されており、“不慮の事故”として発表されたとまで明記されています。

厚労省や市がグルになって女子児童の死を隠蔽していたにもかかわらず、こうして報告書に記載されているということは、同省に反抗する職員によって記載された可能性があります。

さらに、厚労省のコールセンター職員は、国民からの問い合わせに対して、「ワクチンは感染を予防するものではなく、情報を収集するために実施されている」「追加接種するのは、何回接種すれば死亡するか確かめるため」「ワクチンによる実際の死者数は報告されている人数の10倍か100倍に上る」といった、内部告発ともとれる回答をしています。

○【厚生労働省職員の内部告発再び】コロナワクチンによる実際の死者数は、報告されている人数の10倍か100倍に上ると暴露

○【厚生労働省】コールセンター職員が内部告発か?「ワクチンは感染を予防するものではなく、情報を収集するために実施されている」「追加接種するのは、何回接種すれば死亡するか確かめるため」

電車にはねられて死亡した厚労省職員は、こうした内部告発に関与しており、口封じのため、あるいは見せしめのために殺害されたのではないかと考えられます。

コロナ茶番に加担し、真実を隠蔽した関係者たち全てに厳正な裁きが下りますことを心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment