RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家の北野武】来年3月でレギュラー出演する報道番組を降板 李家の手先アルビン・チャウの逮捕と同時に引退を決意

タレント・映画監督の北野武(74)が、レギュラー出演するTBS系の報道番組「新・情報7daysニュースキャスター」を2022年3月末に降板することが明らかになりました。

同番組は2008年10月にスタートし、北野武とTBSアナウンサー・安住紳一郎のタッグで約13年も続いた長寿番組です。

北野武は、生放送番組に出演することに対し、体力の限界を感じていたらしく、野球の試合延長で番組収録の開始時間が遅くなった11月27日に降板を決意したとのことです。

「まだまだ元気なつもりではいたけど、正直なところ真夜中スタートの生放送はかなりしんどかった。“そろそろ負担のかかる仕事をセーブしていかないとマズいんじゃないか”本気でそう思ったんだ。」「この先、オイラに残された時間は永遠じゃない。だけど、やりたいことはまだまだ残っている。映画だったり、小説だったり、自分が本当にやりたいことにきちんと時間と精力を注いでいかないと、きっと後悔すると思ったんだ。だからわがままを言わせてもらったんだよ」と語っています。

この報道を受け、「たけし重病説」なども噂されたそうですが、本人は至って健康だと主張、噂を否定しています。

過去の記事でも述べましたが、北野武は李家の血筋であり、コロナ茶番にも加担し、ワクチン接種についても「若い人にじゃんじゃん打った方がいい」と発言するなど、人口削減に加担していました。

しかしその後、手のひらを返したように、コロナの収束を匂わせるような発言をし、じわじわと茶番から手を引いていきました。

○【李家の手先】ビートたけし コロナワクチンを「若い人にじゃんじゃん打った方がいい」と提言

○【コロナ茶番終了へ】李家の「北野武」までもが「コロナは流行り風邪になって収束する」との見解を示す

また北野武は、大本教の開祖である「出口なお」や、中国マフィア“青幇(チンパン)”の三大首領の一人「張嘯林」とも似ていることから、イルミナティの中でも最重要人物ではないかと目されています。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1413524615452794883?s=20

したがって、レギュラー番組を降板するというのは、やはり単に体力的な問題や創作活動に専念したいといった個人的な理由からではなく、降板せざるを得ない何らかの状況に陥ってしまった可能性が高いと言えます。

実際、北野武が降板を決意した11月27日は、ニセコや宮古島などを乗っ取ろうとしていた李家の手先、アルビン・チャウが逮捕された日でもあります。

アルビン・チャウは、李家の配下にある三合会や中国共産党と密接につながり、日本への侵略工作を仕掛けていた人物の一人です。

○【李家の工作員】三合会の元メンバーでカジノ王の「アルビン・チャウ」が逮捕 ニセコや宮古島での乗っ取り計画が頓挫する可能性も

そのため、アルビン・チャウの逮捕は、日本の李家にも大きな影響を及ぼし、彼らと繋がっている北野武も表立って活動できない状況に追い詰められている可能性がなきにしもあらずです。

このように李家たちは、神様から裁かれ着実に力を失っていますので、このまま続けて李家が一人残らず滅び去るよう強力にお祈りしなければなりません。

○【血も涙もない上級国民】李家の「櫻井翔」が元日本兵の男性に「アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?」などと無神経な質問をして炎上

○李家の「石原伸晃」、国民から猛批判を浴びて内閣官房参与を辞任する意向を表明 岸田首相の任命責任を問う声多数

○【ワクチンを推進した報いか?】李家のはじめしゃちょー、何日も続く高熱と強い痒みを伴う発疹 コロナワクチンの副反応である可能性大

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment