RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【ワクチン製造は悪魔崇拝の延長だった】「コロナワクチンは帝王切開で取り出された生きた赤ん坊の腎臓を含有している」とピッツバーグ大学が暴露

, …

かねてよりコロナワクチンには、中絶胎児から取り出した細胞が含まれていると指摘されてきましたが、実は中絶胎児ではなく、帝王切開により取り出された、生きた胎児の腎臓から採取した細胞を用いていることが明らかになりました。

以下の動画では、ファイザーの社員が、中絶した胎児から取った「HEK293細胞株」をワクチン製造に用いていることを告発しています。

「HEK293細胞株」は、ワクチンだけでなく向精神薬などの研究にも幅広く用いられているとのことですが、ピッツバーグ大学によると、中絶業者の助けを借りて、生存可能年齢に達した胎児を、帝王切開によって生きたまま取り出し、腎臓を切り取って採取しているのだそうです。

しかも、麻酔すらかけることなく腎臓を取り出して殺しているとも述べています。

○Exclusive: Pfizer’s Nervousness About Its COVID Vaccine’s Origins Conceals a Horror Story

こうした残虐な研究に加担してきたのが、中絶手術などを行い、胎児を売買して暴利を貪ってきた「プランド・ペアレントフッド」です。

ここまで来ると、コロナワクチンの製造自体が悪魔崇拝そのものだとしか言いようがありません。

もっとも、ワクチンは元々「アーユルヴェーダ」の思想を元に作られたものに他なりませんので、紛れもなく悪魔崇拝そのものであり、生きた胎児の細胞が入っていたとしても何ら不思議ではありません。

また、過去の記事でも述べましたが、この「プランド・ペアレントフッド」の理事を務めていたのが、ビル・ゲイツの父・ウィリアム・ヘンリー・ゲイツです。

ビル・ゲイツは、JAL123便を撃墜し、520人もの人々を悪魔に生贄として捧げた「郡馬人脈」の筆頭ですので、コロナワクチンもやはり悪魔崇拝の一環として製造したわけでしょう。

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

このような残虐な行為を繰り返してきたイルミナティどもが一人残らず滅び去り、研究と称した悪魔崇拝儀式が全て摘発され、その全ての報いを受けることを心から祈ります。

○幼児の性的虐待・大量虐殺に関わってきたローマ教皇が「人類とワクチンには友情の歴史がある」と述べ、人口削減に加担していることを公言

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

○【創価企業ファイザーは国際犯罪組織だった!!】2000年以降の数々の犯罪行為により、5000億円以上の罰金が科されていたことが発覚

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

○ファイザー製コロナワクチンを接種した医療従事者の25歳男性、精神異常を起こし、走行中の車から飛び降り自殺

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 赤ちゃんの細胞が使われているという事実によって主にキリスト教の人々とかは宗教上の理由で接種を合法的に完全拒否できるようになるので, 向こう側もこの情報は特に力を入れて弾圧するらしいと聞きました. それにしてもおぞましい…

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment