RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

札幌地裁「同性婚の不受理は差別扱い」モラルを破壊するLGBT

同性同士の結婚が認められないのは、憲法で保障された「婚姻の自由」や「平等原則」に反するとして、北海道の同性カップル達が国に損害賠償を求めた訴訟にて、札幌地裁は原告の請求は棄却したものの、「憲法14条に違反、立法府の裁量の範囲を超えた差別的な扱いだ」と判定しました。

東京、大阪など全国5地裁で争われている同種類の訴訟で、司法判断が出たのは初めてです。

当事者達には喜びの声が上がっているようですが、やはり一般庶民としては首を傾げるしかありません。

同性同士のカップル達が「差別だ」「可哀想だ」と言われているのを見ても、やはり普通の感覚から考えると「LGBT」を受け入れることは難しい。

なぜなら、LGBTの思想は大本教や生長の家、創価学会などの悪魔教が広めてきた思想だからです。

「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

イルミナティ、ユダヤ人達は、彼らが当たり前のように行ってきた思想を、私達庶民にも押し付けようとしています。

「LGBTを差別するな」という風潮は、イルミナティ、ユダヤ人達を差別させないようにするためのものだからです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...