RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチンの危険性を訴えつつコロナ茶番を煽ってきた医師「宗像久男」が、コロナ感染者とみなされ入院中に死亡

かねてよりコロナワクチンの危険性を訴えてきた、医師の「宗像久男」がコロナに感染したとして入院し、その後9月21日に死亡していたことが明らかになりました。

宗像久男は、セカンドオピニオンとしてがんや糖尿病を治療する事業を展開しており、自身のブログでコロナワクチンの危険性についても発信してきました。

しかし、宗像久男はコロナウイルスの存在を認めた前提でブログを書いており、コロナ対策のサプリメントなどを推奨していたことからも、イルミナティ側の人物に他なりません。

そんな宗像久男がコロナに感染したとして入院し、最終的に心停止で死亡したとのことですから、コロナ茶番を煽るために、あるいはイルミナティどうしの争いの末に殺された可能性が高いと言えます。

もっとも、宗像久男は、存在しない「がん」や「糖尿病」を治療すると言って、非常に高額なカウンセリング料を患者からぼったくっていた人物ですから、こうした形で神様から裁かれたのかも知れません。

〇RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

〇RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

○RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

いずれにせよ、宗像久男は、「コロナは存在するという嘘」と、「ワクチンは危険という真実」をごちゃ混ぜに語っていたことを逆手に取られ、イルミナティに殺害されたものと考えられます。

このようにコロナ茶番を煽ってきた人物は、必ず自らの行いの報いを受けるということでしょう。

「コロナウイルスは存在せず、ワクチンも打つ必要がない」という正しい情報が多くの人たちに正確に伝わり、多くの命が守られますことを心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment