RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【スマートシティ計画】熱海の土砂災害は、土地の強奪のため李家によって計画的に起こされた可能性大

静岡県熱海市で発生した大規模な土石流で、市は5日、依然として80人の安否が不明であると発表しました。

既に死者は4人となっており、現在も安否不明者の捜索や救助活動がつづけられています。

今回の土砂災害は、被災地付近の伊豆山で「メガソーラー」を設置するため、大量の木を伐採していたことが原因ではないかと指摘されています。

○【熱海市】太陽光パネルが大規模土砂災害を誘発 李家の金儲けのために多くの日本人が犠牲に

しかし実はこの災害が、熱海の土地を強奪するために、李家によって意図的に引き起こされた可能性が高いことが分かってきました。

過去の記事でも述べましたが、李家は日本各地をスマートシティ化しようと目論んでおり、様々な謀略によって土地を強奪しようとしてきました。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!(KAWATAのブログより再掲)

今回、土砂災害に見舞われた熱海市も、かねてよりスマートシティのモデルに選ばれており、開発が進められる予定でした。

○熱海市が国交省「スマートシティモデル」に 自動運転で観光客などの移動支援

しかし、新しい都市を再構築する場合、古い建物の解体や住民の立ち退きなど、様々な手間と莫大な費用がかかります。

そのため、意図的に災害を起こすことで、手っ取り早く土地の持ち主を殺害し、建物も破壊して土地を乗っ取ろうとしした可能性があるわけです。

また、静岡県伊東市でも、メガソーラーの設置をめぐって、近隣住民とトラブルになっているようです。

現在、伊東市では、韓国の財閥藩・ハンファグループと日本の合同会社「伊豆メガソーラーパーク合同会社」が、東京ドーム9個分に相当する森を伐採し、ソーラーパネルを設置する計画を進めているようですが、この計画もやはり意図的に災害を起こし、土地を強奪することを目的としている可能性があります。

このように静岡で次々とメガソーラー発電の設置が進められているのは、静岡県知事の川勝平太が、李家に与する筋金入りの媚中派・親韓派だからに他なりません。

○「川勝平太」静岡県知事は毛沢東支持者 習近平の政策も絶賛

県のトップが李家に与する人物である以上、李家による乗っ取りは進行するしかありません。

しかも現在、小泉進次郎環境相は2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにするべく、住宅へのソーラーパネル設置義務化を進めようとしています。

○太陽光パネルが国土を覆う日、脱炭素達成に向けた厳しい道のり

○【小泉環境相】李家と創価の儲けのためにソーラー発電の義務化検討

○ソーラー発電巨額詐欺に小泉一族と孫正義が関与した疑い 政界を巡る一大疑獄事件に発展か

このようにして、李家どもは日本の土地や建物を、私たち庶民の手から次々と強奪しようとしているわけです。

彼ら李家にとって、私たち庶民から土地や建物を強奪することは当たり前のことなのです。

このような彼らの横暴を阻止するためにも、引きつづき李家の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment