RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家かつ群馬人脈によるプロパガンダ】コロナは大したことがないから経済を回せと主張する堀江貴文が、コロナワクチンを接種して庶民に安全性をアピール

堀江貴文が、自身のTwitterとYouTubeでファイザーのコロナワクチン(mRNA)を接種したことを報告し、ワクチンの安全性をアピールしました。

しかし、以下のTwitterに投稿された画像とYouTubeの動画では、いずれも皮膚に注射針が刺さっているところが一瞬たりとも映っていません。

本当にワクチンの安全性をアピールしたいのであれば、正確に接種している様子を公開すべきですし、そうでなければ、国民の信用など得られるはずもなく、ただ接種したふりをして庶民を騙そうとしているのではないかとの疑いを持たれるばかりです。

そもそも堀江貴文は、これまで「コロナは大したことないから、経済回せ」という主張をしていたにもかかわらず、ここにきてコロナは危険だという体でワクチン接種に臨んだため、かえって大きな波紋を呼んでいます。

堀江貴文は、過去に竹中平蔵とワクチンやコロナについて対談し、積極的にワクチンを推進してきましたが、今回のYouTube動画でも、コロナワクチンの副作用など大したものではないと語り、なんとかコロナワクチンを視聴者に接種させようと躍起になっています。

しかし、今や竹中平蔵のことなど誰も信用している人はいませんし、そのような人物と対談した上でワクチン接種まで勧めているわけですから、今回のこのワクチンPRでは何の効果も得られないばかりか、むしろ堀江の信用が下がるだけで終わりになることは目に見えています。

○ホリエモン万博 竹中平蔵教授 怒濤のトークショー 対談|堀江貴文×竹中平蔵|日本人の給料が安い話

しかも、こうして竹中平蔵と堀江貴文がとても親しそうに対談しているのも、単に彼らが二人とも李家の血筋かつ「群馬人脈」だからであり、創価学会による人口削減計画に加担しているからに他なりません。

○堀江貴文も群馬人脈であり、青山家や李家とズブズブだった!!

○日本を貧困に陥れた竹中平蔵は、李家と青山家の血筋

○【大スクープ!!】パソナとパナソニックとサムスンは血縁で結ばれている 竹中平蔵と松下幸之助と櫻井俊は親戚=李家だった

今後もこうした有名人を使ったプロパガンダが増えていく可能性がありますが、ワクチンは殺人兵器以外の何物でもありませんので、医者でもない彼らの言うことに騙されることなく、断固としてワクチン接種だけは拒否しなければなりません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○イギリスでコロナワクチン接種後に失明255名

○ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露

○コロナワクチンを接種した動物は全て死亡 ワクチンの安全性と有効性は証明されていない

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment