RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

任天堂は創価企業 独自のキャラクターで子供たちを創価思想に洗脳

数々のヒット作を生み出してきた「任天堂」ですが、例の如く創価学会や群馬人脈とズブズブの関係であることが分かりました。

まず、任天堂の広告プロモーションは、創価企業・電通が担当しており、最も有名なキャラクター「マリオ」も、完全に創価学会の三色旗と同じ色が使われています。

また、「MOTHER2 ギーグの逆襲」に登場するキャラクター「ネス」も、創価カラーでデザインされています。

ゲームデザインを担当したのも、これまた創価信者の「糸井重里」です。

糸井重里は、創価企業ジブリのキャッチコピーの制作も担当していますから、子供たちを創価の思想で洗脳していく役目を任されているのかも知れません。

しかも糸井重里は、群馬県前橋市出身ですから、完全に「群馬人脈」の一人です。

糸井重里がここまで業界で成功できたのも、自身の才能ゆえではなく、創価学会と群馬人脈の強力なコネがあったからというオチだったようです。

ここ最近、任天堂スイッチの「あつまれどうぶつの森」がやたらと持て囃されているのも、創価学会の工作員による「ステルスマーケティング」の一環なのでしょう。

こうして創価学会は、子供たちをゲームで夢中にして現実世界から切り離し、創価学会の思想を無意識のうちに刷り込むように工作してきたわけです。

親が子供に対して、なぜかゲームに夢中になるのを注意したくなるのも、ゲームの中に創価学会の危険なカルト思想が詰め込まれていることを本能的にキャッチしているからかも知れません。

しかも、ゲームに夢中になると外にも出ようとしなくなりますから、健康まで害してしまいます。

このように創価学会は、存在しているだけで大人にも子供にも“百害あって一利なし”ですから、早急に滅びることを祈るばかりです。

○ 裏社会がオタクを割り出し、幼児誘拐の罪をかぶせるには、創価企業ツタヤとゲオの個人情報を利用するでしょう。特にTポイントカードは要注意です。

○ 29都道府県で所在不明の子供が1603人もいると報じられる中、岡山少女誘拐だけがマスコミで騒がれたのはなぜか。

○ 急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

幼児誘拐が増えている今、創価=ベネッセの個人情報の流出は大変危険です。

ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)