RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

憲法改正は李家の悲願 安倍晋三、再々登板か

近頃、安倍晋三前首相が保守系グループや議員連盟の役員に相次いで就任し、動きを活発化させています。

未だに憲法改正への熱意を公の場で語っているらしく、再々登板が視野にあるのではないかと、党内に憶測が広まっているようです。

しかし、本物の安倍晋三は去年の秋にすでに死亡しています。

https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1314443941836541952?s=20

ですから、現在活動している「安倍晋三」は、本物の安倍ではなく、影武者に過ぎません。

安倍晋三の動きを活発化させることで、一度安倍が死んだという噂をかき消し、「やっぱり生きているのかもしれない」と人々に思わせようとしているのでしょう。

まるで子供の悪あがきのようです。

李家の連中は、憲法改正だけが自分たちの地位を復活させる唯一の方法だと分かっているので、安倍の影武者を使い、安倍が生きているかのように装いながら、憲法改正を必死で訴えているのです。

○【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

往生際が悪いと言わざるを得ませんが、今や李家の力も相当衰えていますので、復権はもはや絶望的と思われます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)