RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業ゴールドマン・サックスが日本乗っ取りに本腰 不動産投資を2500億円規模に拡大

米ゴールドマン・サックスが、年1000億円から1500億円台だった日本への不動産投資を、2500億円規模に拡大すると発表しました。

需要の拡大する物流施設やデータセンターのほか、企業の売却する不動産への投資を見込んでいるとのことで、大口の投資家の一角にゴールドマンが加わり、不動産取得競争が激しくなると予想されています。

ゴールドマンサックスは、2007年時点で池田大作が筆頭株主となっており、この日本を食い尽くすハゲタカの筆頭として活躍してきました。

○【創価による郵政民営化の失敗】日本郵政、豪トール不採算部門売却へ 損失700億円計上

現在もゴールドマンサックスは、星野リゾートなどと結託して、コロナ禍で経営危機に陥っている宿泊施設を次々と買収しています。

○星野佳路は、創価学会と李家の「乗っ取り請負人」だった!!

しかも、ここに来て、ゴールドマン自ら、コロナ禍によって企業が手放す不動産を買収し、池田大作の掲げる総体革命実現のために、この日本を乗っ取ることに本腰を入れたというわけです。

現在、政府が各企業にテレワークを強要してきたことで、高層ビルなどでは空室が目立つようになり、賃料がじわじわと下落しています。

○【仁風林接待の代償】西村大臣がテレワークを強要し、李家による日本乗っ取りを促進

しかも政府は、緊急事態宣言を長引かせて中小企業を圧迫し、破綻の危機に追いやっており、今後さらに多くの不動産が市場に安く出回ることは必至ですし、ゴールドマンなどのハゲタカがそれらを買い漁っていくことになるでしょう。

○【緊急事態宣言延長】企業・不動産買収を急ぐ創価学会

このように彼らは自らコロナ茶番をでっち上げ、莫大な資金力をもって日本を乗っ取り、自らの支配下に置こうとしています。

彼らの全ての悪なる目論見が全て頓挫するよう、創価企業、群馬人脈の滅びを強力に祈り求めなければなりません。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

○【大阪】創価学会 挙式スポットの「太閤園」買収

○創価学会による大閤園買収は、大阪遷都への布石か

○創価企業JAL赤字2866億円 コロナによる経済後退は共産主義化が狙い

○三菱自動車が3123億1700万円の赤字 共産主義化・国有化に向けての怪しい動

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...