RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

池江選手“涙の五輪出場”は電通が演出か

ここ最近、池江選手がやたらともてはやされていますが、それは電通の力によるものだと判明しました。

池江のマネージメント会社は電通グループです。

彼女は白血病を患ったにもかかわらず、劇的に回復し、涙の五輪出場を果たしました。

そして、過去の記事では、その感動の裏に癌利権が絡んでいることもお話しました。

○【がんの広告塔】池江璃花子400Mメドレーリレーで涙の五輪代表内定

電通は、東京五輪の運営に中心的に関わっているわけですが、次々と噴出するスキャンダルに、国民はうんざりし、五輪に見向きもしなくなっています。

そこで電通が考えついたのが、池江を五輪の広告塔に利用することでした。

白血病を克服し、厳しいトレーニングにも耐えて五輪出場を果たした、という感動的なシナリオをでっち上げ、国民をなんとか五輪に注目させようとしたのです。

そして、池江の兄もなんと電通社員なのだとか。

つまり、彼女が抗がん剤の広告塔として選ばれたのも、背後に電通がいたからだと言えます。

池江が五輪で活躍し、金メダルでも獲れば、抗がん剤もさらに効果的に宣伝できると踏んだのでしょう。

結局、彼女もまた電通・創価学会のコマに過ぎなかったというわけです。

もちろん、池江が白血病にかかっていたというのも嘘です。

彼女は驚異的なスピードで回復力したと言われていますが、病気にかかったふりをしていただけです。

白血病は「血液のガン」とも呼ばれていますが、ガンという病気は存在しないことをRAPT氏が暴いてくださっています。

○ RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

ですから、池江も国民の前で嘘をついているということです。

このように書くと、本当だろうかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これまでイルミナティは、芸能人や各界の著名人を使って癌の宣伝をしてきました。

そして、国民に「癌は存在する」と思い込ませ、同時に「癌は不治の病」「抗がん剤を使わないと治らない」などと嘘をついて洗脳してきたのです。

SNSでは、池江を賞賛する声もある一方で、電通の繋がりを指摘している人たちも大勢います。

いずれにせよ、オリンピックで注目されるのは、やはり創価人脈だけのようです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment