RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【人間ドック宣伝】 井上和香の早期乳がん&脳動脈瘤の再検査報告

タレントの井上和香(40)が8日、自身のインスタグラムを更新し、テレビ東京系の医療バラエティー番組『主治医が見つかる診療所』で早期乳がんと脳動脈瘤の疑いがあり、再検査した結果、「問題がなかった」という旨を報告しました。

井上和香は、「番組を見て心配してくださった方、ありがとうございました。やっぱり健康が1番!年1回は人間ドック受けるべきですね」とコメントを残しています。

一見すると何でもない報道ですが、RAPT理論では癌が嘘であり、その裏に莫大な利権が潜んでいることが暴かれています。

○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

○RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

人間ドックを開設したのは日野原重明ですが、この人間ドックによって数多くの人たちが癌患者に仕立てられ、現在も多くの方が抗癌剤という名の毒物で命を奪われています。

世間的に見れば、人間ドックを受けることは良いことですが、実はその認識が大きな落とし穴なのです。

イルミナティは癌利権を守るために、次から次へと様々な芸能人を広告塔として立てていますが、ネット上では癌が嘘であるという情報が着実に広まっています。

人間ドックも受ける必要がありませんし、がん保険も必要ありません。

イルミナティは、いつも私たちが肉眼で確認できない分野に目をつけて、巨大な嘘を作り出し、騙しつづけてきましたが、彼らの錬金術の法則を分かってしまえば、イルミナティのついた嘘をすぐに見破ることができるようになります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment