RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

全ては在日故?ヴァレンティノCM「着物の帯踏む」

モデルのKokiを起用した(18)イタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」のCMが物議を醸しています。

CMでは着物の帯を踏みながら歩いたり、帯を岩に乗せてその上に座るなど日本文化を侮辱するような内容となっており、TwitterなどのSNS上で多くの批判が殺到、CMの写真や動画が削除されました。

この後、ヴァレンティノジャパンは、30日夜に公式Twitterで謝罪文を発表。

削除されたCMの中で踏みつけて歩いたり座ったりしていたものは「着物の帯を思わせる布」だとし、「着物の帯ではありません」と説明しています。

しかし、炎上が収まることはなく、ファッションデザイナーでタレントのドン小西氏は「着物屋の息子だから分かるけどさ、どうみても帯だよ」「100%帯」と断言しているそうです。

○ドン小西 断言 炎上ヴァレンティノCMは「どうみても帯」実家は呉服店

モデルとして起用されたKokiは、木村拓哉と工藤静香の娘ですが、木村拓哉の本名は「金拓成」、工藤静香は旧皇族の伏見宮利子とそっくりであり、どちらも在日であることが暴かれています。

「日本人なのに、なぜこのような演出を拒否しなかったのか」と、Kokiに対して批判が殺到しているようですが、Kokiが在日の血筋だからこそ、何の抵抗もなく受け入れることができたのでしょう。

○芸能界は裏社会そのものである。

旧皇族の伏見宮家については、こちらの記事をご覧下さい。

○【小泉純一郎・安倍晋三】日本の歴代首相は、旧皇族と朝鮮王族の血筋である。

また、ヴァレンティノの日本法人社長「ウイリアム・ユーン」は、韓国系の血筋であることも指摘されています。

https://twitter.com/risa5221/status/1377336347036291075?s=20

普通の日本人の感覚であれば、着物の帯を踏んだり、岩に乗せて上に座るなど考えられず、そのようなCMを日本で放送すれば、すぐに批判が殺到すると分かりそうなものですが、制作者側はそのようなことすら想定できずにCMを作って放映してしまいました。

このように、日本人の皮を被りながら、内心では日本人を侮辱している在日工作員たちは、SNSを通してあっという間に化けの皮が剥がされてしまうわけです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment