RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ファイザー製ワクチンを接種した西川史子 脳内出血で倒れ、5時間におよぶ大手術

女医でタレントの西川史子が、17日に右脳内出血のため救急搬送され、手術を受けていたことが所属事務所の発表により明らかになりました。

所属事務所によると、西川史子は自宅のリビングで倒れていたところを事務所関係者に発見され、病院で5時間にもおよぶ手術を受けたとのことです。

西川史子は、今年5月にファイザー製コロナワクチンの接種を受けたことをインスタグラムで報告していました。

○西川史子、ファイザー社のワクチン接種「争って受けるものでもないし、平等であるべきだと思います」

コロナワクチンを接種した後、脳出血や血栓などの副作用を発症する人が世界各国で相次いで確認されていることから、西川史子も同じくワクチン接種が原因で副作用を起こしたのではないかと、ネット上では大きく騒がれています。

https://twitter.com/yukariinaa/status/1428341135718506503?s=20
https://twitter.com/pinklemon221/status/1428200417494663177?s=21

もちろん厚労省は、西川の病気とワクチンとの因果関係を認めることはないでしょうが、ワクチン接種によって副作用を発症する人が世界各地で続出している以上、やはり西川も同じようにワクチンの副作用で倒れたのではないかとの疑いは拭いきれません。

○ワクチン後に脳出血・血管病死が多発

○【女性セブン】コロナワクチンによる死者355名の死因リスト公表

ワクチンを打っても百害あって一利なしですので、今後も絶対にワクチンを接種しないようにしましょう。

○【厚労省発表】コロナワクチン接種後の死者916人 依然としてワクチン接種との因果関係は一件も認めず

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手、コロナワクチン接種後に死亡 マスコミはこの事実を隠蔽

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment