RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価かつ佳子様の親戚】宇多田ヒカルがノンバイナリー(エックスジェンダー)であることを告白

宇多田ヒカルが先日、Instagramのライブ配信で自身が「ノンバイナリー」であることを告白しました。

宇多田は、6月は世界各地でLGBT関連イベント目白押しの「プライド月間」であることに触れ、「私はノンバイナリー。だから、ハッピープライド・マンス!」と英語で明かしました。

○宇多田ヒカルが「ノンバイナリー」をカミングアウト! その正しい“定義”とは

https://twitter.com/poupee19/status/1408783126797512706?s=21

ノンバイナリーとは、LGBTとは少し違い、自分のことを女とも男とも位置付けていない人のことで、その日の気分や精神状態で男だと感じたり女だと感じたりする性質がある人のことを言います。

今回の宇多田の告白について、ネット上では好意的な声もある一方で、「性についていろんな言葉がありすぎてよくわからない」と語る声や、「いちいちカミングアウトしなくていい」「するな」という否定的な声もあがっています。

ここ最近、創価学会や大本教、生長の家などのカルトが、「多様性」という言葉を悪用して性モラルを破壊しようとする動きが活発化しています。

こうして有名人にカミングアウトさせるのも、その手段の一つです。

○裏社会が「同性愛」を普及させる方法。そのパターンが分かりましたので、簡単にご紹介します。

○「同性愛」差別と「同性愛」の普及を糾弾することとは異なります。しかし、いずれにせよ「同性愛」は正常な感覚ではありません。

そんな宇多田ヒカルは、第18代首相・寺内正毅の曾姪孫にあたり、母の藤圭子は創価信者だったと言われています。

さらに、宇多田ヒカルは秋篠宮佳子さまと似ていると、かねてより多くの人がツイートしていますが、実際に比べてみるととてもよく似ています。

秋篠宮佳子さまは、李家の血筋だということが判明していますので、宇多田ヒカルもやはり李家の血を引いた筋金入りの上級国民であると言えます。

宇多田ヒカルは、抜群の歌唱力で一世を風靡しましたが、その人気も創価学会や李家の後押しによって得られたものであることは間違いありません。

こうして人気アーティストが性嗜好についてカミングアウトすることで、多様性が認められる世界が素晴らしいかのようにマスコミが宣伝し、世論誘導する動きも強くなっていますが、LGBTをはじめとした性的マイノリティを肯定し、礼賛する思想は、悪魔崇拝に由来するものです。

安易に興味を持ったり、普及活動を容認したりして、イルミナティの淫乱な性的活動に加担することがないよう十分に気をつけなければなりません。

○【生長の家・谷口雅春の子孫】稲田朋美がLGBT理解増進法案を成立させ、カルト思想を広めようと悪あがき

○自民党議員が「種の保存に背く」とLGBTを批判し、逆に批判される 差別禁止で小児性愛までもが“多様性”と認められる時代へ

○イルミナティはLGBTと一緒に小児性愛までも普及させようと目論んでいる

○【下手すると痴漢行為】経産省の男性職員(性同一性障害)が女性トイレ使用を制限され、“差別”として国を提訴するも逆転敗訴

○【社民党・福島瑞穂】男性が女子トイレに入れず、男性が女子陸上競技に参加できないことは差別だと主張

コメントを書く

*
*
* (公開されません)