RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【癌は存在しない】李家の宮本亜門が、人間ドックから癌手術までの流れを自ら演じ、庶民を洗脳

演出家の宮本亜門は2019年2月に、テレビ番組の企画で「人間ドック」を受けた際、「前立腺ガン」だと診断され、その後、前立腺を全摘出する手術を受けています。

しかし、「ガン」という病気は存在せず、「人間ドック」や「健康診断」はただ健康な庶民を病院送りにして、法外な医療費をぼったくり、抗がん剤で殺戮するための医療システムに過ぎないことが既にRAPT理論によって暴かれています。

ですから、宮本亜門が「ガン」について語ったことは、すべて真っ赤な嘘ということになります。

○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)
 
○RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

○【新手の人口削減計画】癌もウイルスも存在しないのに、癌細胞をウイルスで死滅させる新薬を厚労省が承認

宮本亜門は、人間ドックから病院でガンの宣告を受ける様子や闘病生活、その後の生活に至る一連の流れを公表し、「人間ドックは必ず受けるべき」「ガンは存在する」とアピールし、庶民を洗脳してきました。

しかも、術後のインタビューでは、ガン体験は命の勲章、尿漏れすらも愛おしいと、ガン手術の後遺症を快く受け入れていることをアピールしています。

しかし、私生活に大きな影響を及ぼすほどの後遺症を抱えた人が、本当にそんな前向きな発言ができるものでしょうか。

○がん、尿漏れ…「いとおしいよね」宮本亞門は受け入れた

そんな宮本亜門は、香港の大富豪「李嘉誠」にそっくりな上級国民であることが判明しています。

上級国民たちは「ガンを宣告された」と嘘をついて、マスコミを使って大々的にアピールすることで「ガンの広告塔」として活躍してきました。

宮本亜門も、本当はガン手術など受けていないから、後遺症が愛おしいなどと素っ頓狂な発言ができるのでしょう。

○【がんの広告塔】池江璃花子400Mメドレーリレーで涙の五輪代表内定

○ RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

この日本では、年間約37万人もの人が、ガンと診断された後に抗ガン剤などを投与したことが原因で死亡しています。

つまり、ガンを宣告された人たちは、ガンという病気で死んだのではなく、抗ガン剤によって殺されたわけです。

こうした芸能人の「ガン報道」は、庶民を騙すための“詐欺広告”に過ぎませんので、決して真に受けることのないように注意しなければなりません。

今現在、コロナが嘘だということが広く浸透してきたように、今後はガンが存在しないという真実も、さらに広く世の中に浸透し、多くの人々が洗脳から解かれていくことを心から願うばかりです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment