RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【イスラエル】3回接種した人のみワクチンパスポートを発行 国民は怒りの大規模デモ

世界一のコロナワクチン接種率を誇るイスラエルで、3回目のワクチン接種の対象者拡大に伴い、グリーンパス(ワクチンパスポート)について再定義され、2回目の接種から6ヶ月経過すると、3回目の接種を受けない限り失効扱いとなることが明らかになりました。

したがって、これまで2回接種を受けて、ワクチンパスポートを取得していた人でも、3回目の接種を受けなければパスポートを失い、“未接種者”として扱われることになります。

そのため現在、イスラエルではワクチンパスポートに対して反対の声が上がり、大規模なデモが開催されています。

しかもイスラエルでは、ワクチン接種により副作用を発症した人たちをコロナ感染者と見なし、パンデミックをでっち上げていることが既に判明しています。

○コロナワクチン接種率世界一のイスラエルでコロナ感染拡大 ワクチンの副作用で感染を捏造していることが立証される

○【コロナワクチンがコロナの症状を引き起こす】イスラエルのコロナ新規感染者の84%がコロナワクチン接種者だった!

この日本でもワクチンパスポート普及の動きが見られますが、いずれイスラエルのように2回接種を受けても“未接種”と見なされ、何度も接種を受けるよう仕向けられる恐れがあります。

イルミナティどもは、日本人口を約半分の6000万人にまで削減しようと計画していますので、その目標に到達するまで何度も接種を受けるよう国民に強要しつづけるに違いありません。

○【イルミナティによる人口削減計画】日本政府に課せられたコロナワクチン接種のノルマは6000万人 元東大阪市議会議員が暴露

実際、ファイザー社のブーラCEOは、3回の接種だけでなく、毎年接種を受けるべきとの見解を示しています。

○ファイザーCEO 「コロナワクチン一年以内に3回接種必要」毎年接種も

現在、世界各地でワクチンパスポート反対の動きが激しくなっていますが、私たち日本人も政府のこうした横暴に徹底的に抗い、真実を拡散し、接種の義務化・ワクチンパスポートの普及をなんとしてでも阻止しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment