RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

人肉を食べすぎてクールー病を発症したドイツ・メルケル首相、今年9月の引退を控えて最後の訪英

英国のジョンソン首相は2日、ロンドン郊外のチェッカーズ(英首相の別荘)でドイツのメルケル首相と会談しました。

メルケル首相は、今年9月の総選挙後に政界を引退する予定のため、首相としての訪英は今回が最後となるそうです。

このように公の場では元気そうに振る舞っていますが、メルケル首相はかねてから健康不安説が囁かれており、実際、これまで何度も式典などの場で、全身が小刻みに震える発作に見舞われてきました。

そのためネット上では、メルケル首相が人肉や人脳を食べることで発症する「クールー病」を患っているのではないかとの噂が囁かれてきました。

○【悪魔崇拝】カニバリズムによってクールー病を発症するイルミナティ

「クールー」とは、病気が発見された現地の言葉で「震える」という意味です。

この病気は、単に体が震えるだけでなく、神経や脳にも異常をきたし、痴呆や記憶力の減退、そして最終的には死に至る恐ろしい病です。

余りにも震えがひどいため、最終的には震えを防止するために、椅子に座って式典に参加する異例の措置すら取られてきました。

メルケル首相は、任期満了とともに引退するとのことですが、彼女は現在66歳でまだまだ政治家としては活躍できる年齢です。

それでも引退するということは、やはりクールー病が年々悪化しているのではないかと勘繰らざるを得ません。

また、メルケル首相はアドルフ・ヒトラーの娘だとも言われており、幼い頃からイルミナティに成功を約束されてきたと言われています。

https://twitter.com/takarin___7/status/1344845454995988482?s=21

しかし、どんなに成功を約束され、実際にそれを手に入れたとしても、絶えず体が震え、じわじわと脳が破壊されていく恐怖に耐えながら生きる人生は地獄としか言いようがありません。

人目を避けて悪魔に生贄を捧げ、人肉を貪ってきた悪魔崇拝者どもを、神様がこうして裁いておられるのでしょう。

このように全ての悪魔崇拝者たちが滅ぼされ、人肉食(カニバリズム)とは関係のない、健全な世の中が到来することを心から祈り求めます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment