RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【モスクワ】コロナワクチン接種証明のQRコード提示を義務付けた飲食店が全ての客を失う

モスクワで先月28日から、飲食店利用の際にQRコードの提示を義務付ける新たな制度が始まりました。

飲食店に入店する際に提示を義務づけられたQRコードは、ロシア製コロナワクチンの接種を受けた人、コロナの感染歴があり、抗体を持っているとされる人、または、3日以内にPCR検査で陰性が確認された人を、モスクワ市当局が証明するものです。

しかし、ロシアでコロナワクチンの接種が完了した人は、人口の10%余りで、ほとんどの人がQRコードを持っていないというのが実情です。

こちらのツイートの動画では、現在のモスクワの飲食店の様子ですが、営業中にもかかわらず、店内に誰もいない様子が映し出されています。

ロシア政府は、QRコードの提示を義務付けることで、ワクチン接種を促進しようとしたのでしょうが、国民の多くが依然としてワクチン接種に応じていません。

この日本でも7月下旬からワクチンパスポートが発行される予定ですが、多くの国民がSNSなどで反対の声をあげています。

そのため、もし今後、ワクチンパスポートを導入する店舗が出てくれば、モスクワの店舗と同じ憂き目に遭うことは間違いありません。

ワクチンパスポートは庶民の行動を監視し、制限するための奴隷制度に他なりませんので、強力にお祈りして、その普及を絶対に阻止しなければなりません。

○【監視社会の到来】日本政府、ワクチンパスポートを7月下旬から発行

○【ワクチンパスポートへの布石か】東京五輪の観客に「PCR陰性証明」求める

○【創価島】石垣島の来島者は、陰性または接種証明が必要に

コメントを書く

*
*
* (公開されません)