RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【米ユナイテッド航空】ワクチン接種が免除された従業員を来月から無給休暇へ=実質のクビ 免除が認められなかった未接種の従業員は即解雇

, …

米航空会社ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは、宗教上や医療上の理由でコロナワクチンの接種を免除された従業員について、一時的な無給休暇を強制的に取得させると発表しました。

従業員宛ての文書によると、接種を免除された従業員を対象とした無給休暇および傷病休暇の取得義務は、10月2日から開始されるとのことです。

同社は、対象の全従業員が無給扱いとなるわけではないとしていますが、ワクチンを接種しない限り職場に復帰できない以上、実質的にクビになったも同然と言えます。

さらに、ワクチン接種の免除が認められなかった未接種の従業員は、休暇扱いにすらならず、雇用契約を解かれるそうです。

アメリカの航空会社は、接種の義務付けにより、接種を望まない人たちから仕事を奪い、彼らの生活を脅かしています。

しかしその一方で、企業の方針に従って接種した旅客機パイロットたちは、次々とワクチンの副作用によって死亡しています。

○ワクチン接種の副作用で次々と世界各国の旅客機パイロットが死亡

○コロナワクチンを接種した英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズのパイロット4人が、同じ週に死亡

○【スペイン・ロシアの航空会社】ワクチン接種者はフライト中に血栓症になるリスクが高まるとして搭乗しないよう警告

このようにアメリカでは、接種した人もしていない人も生活と生命を脅かされ、不安を抱えて生きなければなりません。

しかし、これは日本人にとっても対岸の火事ではなく、これ以上コロナ茶番が続けば、この日本でも政府や企業がいつワクチン接種の義務化に踏み切らないとも限りません。

私たち日本人も、アメリカの現状をしっかりと見据えながら、一人一人が真実を発信し、一刻も早くコロナ茶番を終わらせなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment