RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

オーストラリアの大臣、記者会見中にワクチン接種の副作用「顔面神経麻痺」を発症

, …

オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州のビクター・ドミネロ大臣は、記者会見中に突然、「顔面神経麻痺」、いわゆる「Bell麻痺」を発症したと大きく報じられました。

以下の動画は、ビクター・ドミネロ大臣が記者会見で話をしている様子です。

瞬きが左右同時ではなく、向かって左側の筋肉の動きが明らかに鈍くなっていることが分かります。

ビクター・ドミネロ大臣は、最近コロナワクチン接種を受けたばかりで、彼自身もワクチン接種を推進していました。

しかし、公の場でワクチンの副作用として知られるBell麻痺を引き起こし、かえってワクチンの危険性を広く拡散することになってしまったようです。

このようにコロナワクチン接種により、庶民だけでなく政治家や有名人にまで被害が及んでいます。

こういった被害を受ける人がこれ以上出てくることがないよう、私たちはワクチンの危険性についてより一層広く情報拡散を行っていかなければなりません。

○ファイザー製ワクチンを接種した西川史子 脳内出血で倒れ、5時間におよぶ大手術

○【厚労省発表】コロナワクチン接種後の死者916人 依然としてワクチン接種との因果関係は一件も認めず

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment