RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価王国】京都で進む子供の人口削減 12~15歳へのコロナワクチン接種で批判殺到

京都府伊根町で6日から12~15歳へのコロナワクチン接種が開始され、翌日には接種に反対する電話が殺到し、町はコールセンターを終日停止しました。

町によると、7日の朝からコールセンターに「子どもへの接種はリスクがある」「接種をやめるべき」「人殺しに加担している」などと問いただす電話が相次ぎ、回線がパンク状態になったため、30分後にコールセンターの電話を止めたとのことです。

このニュースでは、ワクチン接種に抗議する人たちが、まるで凶暴で非常識であるかのように誇張し、批判的に報じられています。

中には脅迫じみた電話もあったとのことですが、本当かどうかは定かではありません。

京都は、府知事も市長もどちらも創価信者ですから、早々に子供たちの人口削減を実行し、それに反対する人には誹謗中傷で報復することにしているようです。

○【京都は創価に乗っ取られた】京都の全ての公立校でiPadの自主購入が決定 創価企業アップルへの利益誘導に波紋広がる

〇【第二のエルサレム・京都】李家による関西遷都への動きが本格化 新税導入で、庶民の不動産購入を妨害

そもそも、ワクチンが殺戮兵器であることは紛れもない事実ですから、今回のように批判が殺到するのは当然のことです。

一方、今回のニュースを通して、ワクチンの危険性がかなり広まってきていることも明らかになりました。

今後もマスコミがどんなにワクチン接種を促し、正しい情報を“陰謀論”だと言いがかりをつけてミスリードしようとも、続けてワクチンの危険性について情報を発信し、多くの人々の命を厳密に守っていかなければなりません。

〇「陰謀論がコロナ収束を妨げている」という陰謀論が大手メディアで報道される

〇「陰謀論のせいで家族関係が破壊された」と言い、ワクチンによる人口削減を図る大手マスゴミ

○コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

ファイザー元副社長のイードン博士 ワクチンの危険性を告発していた!!

米ファイザー “コロナ特需”でボロ儲け コロナワクチン売上2兆8300億円となる見通し

ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

【韓国】90歳女性、ファイザー製ワクチン接種2時間後に死亡

【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)